一人暮らしをしていると忙しさのあまり、ついつい食生活が乱れがちに。

ウエスト周りが気になったり、健康診断で経過観察がついたりと、これまでの乱れた食生活を見直そうと思ったら、運動もさることとながらまずは、塩分やカロリーに気を配った食生活の改善が求められます。

でも、忙しい毎日、塩分やカロリーを控えようと思ったところで、どのぐらい摂れば適量なのか、また、使用しようとしている食材にどのぐらいの塩分が含まれているのかを調べたりするのは面倒だし、いちいち計算できませんよね。

「そろそろ健全な食生活を送らないと!」と思っても、結局途中で挫折してついつい元の習慣に流されてしまうこともあるのでは?

でも、塩分やカロリーが気になった時こそ、健康への第一歩。
そんなときは、自分で何とかしようと思わず、食のプロ監修の「食宅便」に頼る方が断然うまくいくと思いませんか?

専属の管理栄養士がきちんと栄養バランスを考え抜いた「食宅便」を利用するだけで、一気に食生活の悩みが解決に向かいます。

時短で調理でき、主菜と副菜4品から成り、品数も豊富な「食宅便」には、お魚メニューもお肉メニューもあり、飽きることなく、おいしく健康管理ができちゃいますよ!

この記事は「食宅便」がどんなものなのか知りたかったので、おまかせコースを実際に注文し、忖度なく味や品数・コスパなどをレビューいたします。

本記事の執筆者

この記事を書いているのは
ブログ歴10数年のWEBデザイナー・ライター
厳しすぎない食事管理と
朝に寝たまま腹筋を3分。
運動もしていないのにメタボが解消できた58歳

得意分野は「筋トレ・ダイエットの実践と解説」

■■今すぐ見たい方はこちらから
↓ ↓ ↓
塩分やカロリーを気にせずに、おいしくいただける「食宅便」

実食! 食宅便「鯖の塩麹焼き」

鯖の塩こうじ焼き

約160種類用意されている「食宅便」のメニュー。
和食、洋食、中華も、お魚メニューもお肉メニューもある中から、「鯖の塩麹焼き」を実食レビューします。

「鯖の塩麴焼き」はカロリー307kcal、塩分相当量は2.3gとなっています。

塩分をもっと抑えたければ、同じ鯖でも「鯖の香味ソース(塩分1.7g)」や「鯖のピーナッツ味噌焼き(塩分1.4g)」といったメニューもあります。

「食宅便」はおかずセットですので、ごはんと味噌汁を用意するとすれば、「鯖の塩麹焼き」は1食550kcal前後になると思います。
もっとカロリーを抑えたければ、これも、より低カロリーのメニューが多く用意されています。

食宅便「鯖の塩麹焼き」の調理

鯖の塩こうじ焼き

「食宅便」の調理は簡単。
電子レンジで温めるだけです。
書かれているのは500Wで4分。
様子をみてまだ温まっていないようでしたら少しずつ時間を追加していってください。

コンビニ弁当やファーストフードと同じ手間いらずで、栄養バランスが考慮された、健康によい食事が摂れるので最高ですね。

食材の内容

主菜の「鯖の塩麹焼き」は小松菜とたけのこの水煮と一緒に。

副菜は豚肉のハーブガーリック焼き、ひじきの炒り煮、わかめと玉葱の中華和え、キャベツの粒マスタードサラダの3品です。

主菜と副菜合わせて10種類以上の食材が1食に使われています。
一人暮らしでこれだけの食材を買い揃えるのも大変ですし、使い切るのも大変です。
そういう点でも「食宅便」はお勧めです。

レンジ後の印象

鯖の塩こうじ焼き2

電子レンジで温めていると、魚の匂いが漂ってきました。
他の「食宅便」のお魚メニューを調理したときにはそれほど魚の匂いは漂わなかったのですが、さすがに鯖は匂いが漏れてきました。

温め時間を調整しながら十分に温まると出来上がりです。

盛り付け・アレンジ

鯖の塩こうじ焼き5

「食宅便」では家庭的な味付けを目指しているためか、煮汁が出ることが多くあります。
ワンプレートに盛り付けると豪華に見えますが、煮汁が混ざらないように仕切りのあるものを使っています。

お好みでごはんとお味噌汁を用意し、いよいよ実食です。

「鯖の塩麹焼き」の評価

鯖の塩こうじ焼き

鯖の塩こうじ焼き

たくさんの食材を使い、1食の品数も多く、さらに栄養バランスが整っていることは十分評価できるところですが、味、ボリューム、コスパの点ではどうでしょうか。

味の評価

主菜の「鯖の塩麹焼き」は、電子レンジで温めているときにも魚の香りが漂ってきましたが、実食してやはり魚の香りは強調されます。
私は魚好きなのでこれほどの香りも味付けもむしろおいしくいただきましたが、苦手な方は気になる魚臭さかもわかりません。

副菜に使われているハーブやガーリック、マスタードはそれほど主張せず、うまく食材に馴染んで使われていて、「なるほど、家庭的な味付けに仕上がっている」と感じました。

ボリュームの評価

ごはんとお味噌汁を用意して「鯖の塩麴焼き」をいただくと1食にちょうど最適なボリュームです。
普通に満腹になり、塩分やカロリーが抑えられているのですから、大満足です。

コスパの評価

1食あたり560円で、10種類以上の食材を使って調理された主菜と副菜4品がいただけるのは、これも大満足です。
もちろん目的である、塩分やカロリーを抑えた栄養バランスの整ったメニューですから、十分お得に感じます。

冷凍のおかずセット「食宅便」のメリットのまとめ

一人暮らしをしているとついついコンビニ弁当やファーストフードの利用頻度が高くなりがち。

ある日自分の体形や健康診断の結果を見て、「健康的な食生活にしよう」と一念発起したところで、具体的に何をしますか?
日頃から食材や栄養価についての知識があれば問題ないでしょうが、多くの人は正解がよくわからないままやる気も失せていくのではないでしょうか。

カロリーや塩分を抑えた食生活をしようと思ったら、まずは日清医療食品「食宅便」のサイトを訪れて下さい。
管理栄養士の監修の下栄養バランスが整えられたメニューがたくさん用意されています。

「食宅便」は1食にたくさんの食材が使われており、主菜と副菜4品と品数も豊富です。
楽しみながら、美味しい食事をいただきながら、健康管理ができるのが「食宅便」です。

■■食生活をお弁当でサポート
一人暮らしで塩分・カロリー制限の方におすすめ!
↓ ↓ 
塩分・カロリーが気になる方に! おいしい食事制限なら「食宅便ケアシリーズ」