花便り

「明太子ってどれも同じじゃないの?」
「高いのが美味しいに決まっている」
「赤くて・辛くなければ明太子じゃない!」
など、
明太通ぶってみるものの
全部食べ比べてみたわけではないし、
正直、国産・ロシア産の違いも分からない・・・

そんな、美味しい明太子を食べたいのに
まだ本物のうま味と食感に出会えていないあなたに

福岡博多辛子明太子の穴場中の穴場
創業45年の老舗「島本の明太子」をおすすめいたします。

何故島本が「穴場」なのかと言うと
国産の原料と手作り製造工程にこだわるために
派手な宣伝費・広告費をかけてこなかったため、全国的には
あまり名前を知られないメーカーでした。

花便り食卓

月に1回届く島本の花便りにも「島本オリジナル明太子」が入っていました。

この記事は南九州に住む筆者が
まだまだ隠れた九州の逸品を全国にお伝えするために

明太子の島本が原料を国産にこだわる理由を考察しました。
明太子選びや大切な人へのギフトの選定の参考になれば幸いです。

話題の明太マヨネーズから、お得な切れ子
ご飯のお供・大切な方への贈答品まで
国産明太子さっそく見てみたい方はこちら

↓ ↓ ↓
島本オンラインストア

明太子はどれも同じでは? おすすめの理由

九州 博多の島本と言えば、今では希少な「国産の辛子明太子」を守り通している老舗。

どのくらい希少かと言うと、明太子の原料はスケトウダラの卵ですが、1970年のピーク時に300万トンに対して、現在わずか15万トン。ロシアなどの海外獲れのわずか5%のシェアという比率となっています。

海外獲れの卵は超大型漁船で、「大量漁獲⇒機械で採卵⇒冷凍保存⇒移動⇒解凍⇒塩加工」という工程を踏みます。大型船、機械による大量生産なので、安価ですが肝心のドリップが出てしまい本来の食感とうま味が失われがちなのがデメリットです。

一方、島本が提携している北海道の漁師さんは、早朝に小型船で質がいいスケトウダラのいる近海噴火湾に漁に出ます。
獲ったその日のうちに地元のおばちゃんたちが1匹1匹熟練の手作業で採卵し、塩加工します。

一度も冷凍・解凍することなく、うまみを閉じ込めた状態で福岡に持ち込むので、ドリップ・うま味の流出がなく「皮が薄く・粒がプリプリのシルキーな食感」と評判どおりの味わいになるのです。

ということで、明太子と言っても国産・近海産・ロシア産など様々な種類と製造方法がありました。

ですから、当然口当たりや旨みなどにハッキリと差が出てくるわけです。

国産・最高峰と言っても、キャビアのような手の届かない食材でもありませんし
食べ応えも十分にあります。

お試しにまずはシーズナブルで同じ食感・味の「切れ子」がおすすめです。

希少な国産明太子にこだわり続けた「島本」
↓ ↓ ↓

島本オンラインストア

明太子をはじめ ご飯のお供まで

自宅でも楽しめる明太子から
贈り物にオススメな明太子まで
シチュエーションに応じて選べる明太子と
ご飯にピッタリの海産物・食品が揃っています!

お歳暮やギフトとしても人気があり、

明太子以外にもごはんのお供にばっちりな
「そふもの」や
「島本の海のもの」や
「島本の山のもの」など
様々な商品の取り扱いがあるのも特徴です!

暑くなり始めた今の時期にピッタリの
明太子料理の作り方など
公式YouTubeでも公開していました♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<トマトだれの明太冷やし中華>の作り方
https://www.youtube.com/watch?v=lDGPatLfJfo
<明太子のぶっかけ冷やしうどん>の作り方
https://www.youtube.com/watch?v=mL51bVS3_o8
<夏野菜とキムチの冷しゃぶサラダ>の作り方
https://www.youtube.com/watch?v=gP_3_cToQ0E

テレビ番組で大々的に取り上げられたり

明太マヨネーズ3種が大物芸能人にべた褒めに。

また、クラウドファンディングでは、福岡の有名明太子3社の中で

「島本」が最も美味しいと評価されました。(一番右が島本)

「島本の明太子」をおすすめする理由のまとめ

以上、国産の原料にこだわり続けた島本の明太子の製造秘話と
博多明太子の歴史の中でも重要な位置を占め、
明太子通、食通の舌をうならせた穴場的な存在であることが
お分かりになられたでしょうか?

でも、いくら言葉を並べたところで、
国産・ロシア産の違い、獲れたての魚卵からできた明太子の味わい
想像ができないと思います。

「島本」の明太子は博多の他の明太子と比較すれば
けっして安い商品ではありませんが、
国産原料と丁寧な手作業による製造工程にこだわり続け
この味と食感にたどり着いたことを知れば、知るほど
納得のお値打ち、むしろ安いと満足するものと確信しています。

創業45年こだわり続けた「島本の明太子」
オンラインストアで購入できるようになった
この機会にぜひ、あなたの舌で
本物の国産明太子に出会ってみてください。

筆者が「島本の花便り」を実食リポートした記事も読んでみてください。
↓ ↓ ↓
博多 明太子【島本 花便り】の口コミをリサーチしてわかったガチの評判とは?

島本の明太子~話題の明太マヨまで品揃え
↓ ↓ ↓

島本オンラインストア